いつもよりちょっと手間をかけた暮らし


by yuyu-to-minomi

命をやどした器

私は見かけによらずそそっかしい
またやってしまった

気に入っている物にかぎり
よく手が滑る


使い勝手がよく毎日テーブルに載る
スタメン的存在




倉敷の美観地区にある
木鯨舎
と言うセンスのいいお店で購入した器

a0230192_205314.jpg

作家(芦田勲さん)作品で
倉敷に行く度に一枚づつ買い揃えたのに


ショック


悲しくて

悲しくて



こんな風に愛おしく思えるってことは
命を宿したのだと私はいつも思う
壊れても何とも思わない物は
あくまで物でしかない

そう考えると作家さんにより生み出され命を宿し
愛された器なら幸せだったのかも



無駄なものはもういらない
好きな物にだけ囲まれて暮らしたい


また時間をかけてゆっくり揃えていこうかな
[PR]
by yuyu-to-minomi | 2011-11-03 01:45 | 暮らしの中で