いつもよりちょっと手間をかけた暮らし


by yuyu-to-minomi

毎日ぞうきん。

冬休み最後の日  夜十時すぎ
「母さん、ぞうきんがいる」
小三の弟
「もう~」
と怒りながらミシンでかたかた縫ってやる

翌朝
「母さん、ぞうきんがいる」
中一のお姉ちゃん
「もう~今日は間に合わないよ。どうして一度に言わないの?また縫っておくから、まったく~。
あれ?お兄ちゃんは要らないの?」
と聞くと
「持ってくるものに書かれていないから要らないよ」
とお兄ちゃん

仕方がないからその日、また一枚お姉ちゃんのためにぞうきんを縫ってやる



次の日、お兄ちゃんが
「ごめん。母さん、今日連絡帳に持ってくるもので、ぞうきんってあった」
「もう~~~~~。毎日毎日、ぞうきんぞうきんって。当たり前のようにぞうきんがあると思ったら
大間違いよ!早くから準備しておきなさい~~!!」
と声を荒げるわたし

「常に買っておけばいいんじゃないの?」
穏やかに話す父親

ていねいに日々を暮らす
と公言している主婦の端くれ
自分の中でぞうきんを買うことは許されず(厄介なんです・・わたし)
しかしそんな先のことまで気がまわらないのが現実(汗;)
そして
今日もコーヒー片手にミシンでかたかたぞうきんを縫いました
a0230192_1704367.jpg


もう~明日はぞうきん縫わないよ。。。。。。
[PR]
by yuyu-to-minomi | 2012-01-13 17:24 | 暮らしの中で