いつもよりちょっと手間をかけた暮らし


by yuyu-to-minomi

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ほうじ茶プリン

a0230192_147573.jpg

やる気なさそうな「愉遊と・・・」ですみません

忘れた頃にぽつぽつと注文が入る
ほうじ茶プリンです


ゴマドレも万能だれもぼちぼち注文が入り
やる気なさそうなわりに
まあまあ頑張ってます

なんだか うれしいです
[PR]
by yuyu-to-minomi | 2012-11-29 02:04 | 暮らしの中で

格好いい人に。。。

a0230192_11321964.jpg

花束のを注文をいただきました
精神面がつよくてカッコいい人のイメージで作った花束です

  バラ
  カーネーション
  紫陽花
  マム
  バーゼリア
  ビブルナム
  ニシキギ
 
a0230192_11563295.jpg

手間を取らないよう
そのままポンッと花瓶に活けられるように束ねております
[PR]
by yuyu-to-minomi | 2012-11-27 12:04 | 花仕事
a0230192_10492482.jpg

ここは
今年の夏にグレードアップした
IZUCHO CAFE

以前は古民家の離れのみで営業されていたのに
久しぶりに訪れると母屋にも拡張されていました

昔の造りのままの土間に
珈琲の焙煎機や暖炉が置かれ
待合いスペースとなっているので
お店に入ったとたん
懐かしい感じと珈琲のいい香りにつつまれるのです

a0230192_10501334.jpg

a0230192_10504635.jpg

そして
母屋には手作り作家さんのものや
レトロなテーブル、椅子、生活雑貨が置かれ
ゆっくり時間をかけてみたい空間でした

a0230192_10514244.jpg

ここの名物は
やはり比内地鶏の親子丼!

ぜひシエスタにして
どこかお洒落なサラダと
鹿(?)さんがのったデザートと
ここで焙煎される珈琲を
お試しあれ!!(写真が今一でアップできなかった;)


こんなCAFEが 
ふらっと行ける距離にあることがうれしい
そんな IZUCHOです


店の外ではメチャメチャかわゆい看板犬マメにも会えますよ~ (゜-゜)



IZUCHO CAFE
福山市神辺町湯野2030
084-963-7203
open 11:00~22:00
定休日 月曜日
[PR]
by yuyu-to-minomi | 2012-11-20 11:50 | 暮らしの中で

たっぷり浴びて

a0230192_0155721.jpg

渋い渋い 渋柿が

太陽の恵みをたっぷり浴びて

甘~い甘~い 干し柿になりました


ヘタの枝も 
からっからに枯れた葉っぱも
剥いた皮さえも

自然のまんまのものが いとおしくて かわいいの


a0230192_0285928.jpg

さてさて

いろんな形のさつま芋が掘れました

すこし乾かすためにお日様に当てています

大きいの
小さいの
やせっぽちなの
太っちょなの


みんな みんな   ほっこり甘くなれ 甘くなれ!!
[PR]
by yuyu-to-minomi | 2012-11-17 00:51 | 暮らしの中で

尾道の誘惑

日々成長したいのは外見ではなく中身なのに

尾道に行くと

外せないもの三連発の誘惑が・・・

a0230192_12301599.jpg

まず 朱華園のラーメンで腹ごなしをして

a0230192_1314059.jpg

a0230192_12315638.jpg

海沿いの道をぷらぷら歩きながらカラサワのアイス(胡麻、抹茶、たまご)をぺロり

a0230192_12331214.jpg

商店街を歩いた後は
いい香りに誘われて バターがとろ~り“こもん”のわっふるでデザート


やばい!



と思いつつ

これは必ずここで食べたいものなのです(*^^)v


まだまだ持ち帰りに

桂馬のかまぼこ
菊寿堂の和菓子
小魚の干物
・・・・・・・・
・・・・・・・・
なども買いたいし


最近では

その定番王道のもの+

裏メニューもの+

プリン、パン、蕎麦、珈琲、ミートパイ、ドーナツ屋さん 

なんかのめちゃくちゃ美味しそうなお店も あちらこちらにできていて


この街をぶらり歩くと食いしん坊には もう~たまりましぇん




そろそろ“でべら”もおいしい時期に・・・



だれか

この食欲をとめてください!!!!




尾道の誘惑に必ず負けているわたしです(-_-;)
[PR]
by yuyu-to-minomi | 2012-11-13 13:18 | 暮らしの中で
まさか

こんな所(夜は結構飲み屋街なんで)に

こんな可愛く素敵な雑貨屋さんがあるなんて・・・ 

a0230192_1423843.jpg

白いベレー帽がお似合いの

たまたま居合わせたお客さんが

あまりにお店に溶け込んでいましたので 思わずぱちりっ!
a0230192_14264146.jpg

新しいものと古いものが

違和感なくすんなりと収まっていて

なんだろう 

この ほっと落ち着くかんじ
a0230192_14414654.jpg

ほらね 

女の子(ごめん。私のようなおばちゃんも・・・)なら95%位の人が好きでしょう

a0230192_14491971.jpg

a0230192_1518526.jpg

LEADのミシンや時計などアンティーク雑貨もいろいろ

欲しいものいっぱい

中で一番気に入ったのはこれ↓
a0230192_15214951.jpg

ずらりと並んだガラス瓶の下の

どっしりとした船用トランクボックス(店主さんもお気に入りで非売品)でした


お店の方が明るくとても楽しい方で

ここにいると

あっと言う間に時間が経っていました

これがお店の名前の由来かも・・・ “tokibako”



tokibako
福山市昭和町8-6
営業日  火木土
11:00~17:30
[PR]
by yuyu-to-minomi | 2012-11-12 15:47

一閑張りサロンの模様

ずっと ずっと やってみたくて

ずっと ずっと 楽しみにしていた一閑張りを教えていただく日がきました


素人考えで2、3時間程でカゴバッグが出来上がり翌日には持ち歩けるものかと思っておりましたら・・・

なんとも手間閑かかる作業でした(汗)

a0230192_17462825.jpg

先生から一閑張りに関する説明をうけて

昔は物を大切にするため使い古して傷んだザルなどに和紙をはり柿渋を塗って補強し、また使ったそうです

それも閑な時に 切った和紙を一枚一枚貼ったことから一閑張りと名付けられたと聞き

手間がかかる作業にも納得しました

a0230192_17561282.jpg


竹に沿って丁寧にムラなく和紙を貼っては、2日程かけてしっかりと乾かし

それが出来上がったらやっと柿渋が塗れるのですが

それも一度塗ったらまた一週間乾かすそうです

(左上)3回塗ったもの
(右上)10回ぬったもの 

柿渋は塗るほど色も濃くなり丈夫になりますが 塗る回数はお好みで・・・とのこと

a0230192_18132761.jpg


こんな格好いいカゴが作りたくて

ほんと 素人は無謀 ある意味チャレンジャーでした



今11月なんで 気長に春ぐらいの出来上がりを目指すかな?

a0230192_18183796.jpg


墨で書かれた模様となる紙も選びます



迫力のある字
流れるようにすらすら書かれたもの
癖のある字
中には明治時代の粘りのある和紙で よくよく見ると借用書なんかもありました



格好いい出来上がりを想像しながら

このお宝から掘り出し物を見つけるのも  楽しくて たのしくて



  
結局

時間内で わたしはこれだけしか出来ませんでした (涙)
a0230192_18332266.jpg


気が遠くなりそうだけど

伝統工芸品はじっくりじっくり手間をかけてこそ愛着もわくもの



また出来上がったら忘れた頃にアップしますね~

a0230192_18402534.jpg

最後はお茶をいただきながら

先生に質問をしたり いろ~んな話で盛り上がりました




愉しいひと時

黒木先生、参加して下さった皆さんありがとうございました
[PR]
by yuyu-to-minomi | 2012-11-09 18:59 | 暮らしの中で